ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。


2021年11月~12月診療分の医療費等の領収書の保管について(注意喚起)

2021年10月25日

当健保組合では、医療費控除の確定申告に活用できる 「医療費のお知らせ」(医療費通知) の配付を、2022年2月中旬に予定しています。

しかしながら、医療機関から健保組合に診療(請求)データが届き、医療費通知を作成するまでには、約3ケ月かかるため、医療費通知の記載内容は、原則として2021年1月診療分~10月診療分までとなります。

ついては、当健保組合配付の医療費通知を医療費控除に活用される場合は2021年11月診療分~12月診療分については、医療機関等からの領収書に基づき作成した「医療費控除の明細書」を作成する必要があります。

また、領収書は1年間分(1月診療分~12月診療分)を自宅で5年間保存する必要がありますので、絶対に紛失しないようご自身で大切に保管してください。(税務署から求められた時には、提示または提出しなければなりません。)

 

〇 当健保組合から配付予定の 「2021年医療費のお知らせ」について

1.配付対象者   2022年1月1日時点の在籍者。(含む任意継続者)

2.配付予定日   2022年2月中旬に事業所経由で(任意継続者の方は自宅へ送付)配付。

3.発行対象        2021年1月~10月に健康保険を使用して医療機関や整骨院等で治療や施術を受けた分。

(注) ① 2021年12月までに医療機関や整骨院等から健保組合に届いていないものや、保険外医療費は含まれていません。

    ② 公費負担、自治体の乳幼児、こども医療各種医療助成が反映されていない場合があり実際に支払った額と異なることがあります。

ページトップへ