ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

子宮がん・乳がん検診の補助

当健保組合では、全女性役職員(被保険者)に対して、子宮がん検診・乳がん検診の補助を行っています。

  • 解説
  • 手続
  • よくある質問

対象者

全女性役職員(被保険者)

補助対象の検査項目および補助額

補助対象の検査項目 補助額
子宮がん検診 ・ 子宮頸がん検診
・ 子宮体がん検診
上限5,000円
乳がん検診 ・ マンモグラフィー(乳房X線撮影)
・ 乳腺エコー(乳房超音波検査)
上限10,000円

受診方法

A:市区町村が実施する「住民健診」で受診する場合
お住まいの市区町村が実施する検査内容での受診になります。

B:医療機関が実施する検診を受診する場合
希望する医療機関で検査できます。また、市区町村のがん検診の年齢条件等に該当しない場合でも受診できます。

「住民健診」と「医療機関が実施する検診」の併用受診も可能です。

【例】子宮頸がんを住民健診、子宮体がんを医療機関検診で受診
➡合計で5,000円を上限に補助
 乳がん(マンモグラフィー)を住民健診、乳がん(乳腺エコー)を医療機関検診で受診
➡合計で10,000円を上限に補助

C:当健保組合との契約検診機関での受診
当健保組合が契約している「大阪がん循環器病予防センター」(大阪市城東区)で子宮がん・乳がん検診の受診ができます。

※住民健診や医療機関が実施する検診との併用受診はできません。

費用請求までの流れ

A:住民健診やB:医療機関が実施する検診で
受診する場合
C:当健保組合との契約検診機関で受診する場合
1.検診を受診し、費用をお支払いください 2.当健保組合へ「子宮がん・乳がん検診補助金申請書」を送付する
手続→
3.補助金は給与へ含めてお支払いします。
※補助の上限を超えた差額部分は自己負担となります。
1.受診予約を入れる
※「日立造船健康保険組合のがん検診を予約したい」ことを窓口に申し出てください。
2.検診を受診する
費用請求はありません→全額当健保組合が負担します
※契約外の検査を受診した場合は実費負担が発生します。

<ご注意ください>

◆がん検診では保険証の使用はできません。

◆「がん検診」後の再検査(精密検査等)や治療の一環で実施している検査等は、診察扱い(3割負担)となるため、補助の対象外となります。

「検診」と「保険診療」の違い

区 分 内   容 本人負担額 補助金対象
検 診 検診対象部位の状態確認のために受けるもの 10割負担
保険診療
(診察)
自覚症状がある場合や検診・人間ドック等の結果で異常を指摘された場合に医師による診察・検査として受けるもの 3割負担 ×

◆「がん検診」を実施していない医療機関もありますので、予約時には『「子宮がん検診」・「乳がん検診」を受けたい』と申し出て、がん検診として受診できることを確認したうえで受診してください。

登録されているよくある質問と回答はありません。

登録されているよくある質問と回答はありません。

ページトップへ